<< 人生・仕事・事業に関する雑記 その26 | main | 人生・仕事・事業に関する雑記 その28 >>
人生・仕事・事業に関する雑記 その27
0

    平事において、なにごとも最悪の事態を想定する

     

    その1、人は誰しもミスを犯す

     去る4月19日に東京の池袋で高齢者(87歳)が運転する自動車が暴走して、母子2人が死亡し、10人が重軽傷を負った事故がありました。令和になったこの5月になっても世の中は、この事件を大きく扱っております。  私は昨年4月に免許証の自主返納を致しました。その理由は千葉県我孫子市より転居し都心に住まうことになったこと、ビジネス上で身分証明書として提示を求められる機会が減ったことでした。

     

     私の周りにもかなりの高齢でも車を手放さない方がおられ、これらの話しが出た折に「自分は絶対大丈夫だ」と明言する方がおられます。今回の加害者の意識も同じことだと思っています。 この世の絶対真理は、「生ある者はいつしか死を迎える」ことだと理解して、人は誰れしも運動神経が衰えて、ミスを犯すものと思っております。 また、私自身が免許証を返納しないで、運転することを平事としていて、何日自分が加害者になり、世間や周りに迷惑をかけ、晩節を汚すことは不名誉のことと避けたいと思ってのことでした。

     

     

    その2、他の悪しき例から学ぶ

     弊社の創業は1971(昭和46)年で、本年7月で49周年を迎えます。過去の話しになりますが、ようやく事業も軌道に乗り、組織も多少とも整えられた創業10年を経過した頃より、私は考えるところがあり、法人の調査会社の帝国データバンクの日刊の「帝国ニュース」を購読するようになりました。

     その内容は主として「企業の倒産情報」です。それは倒産した理由、債務の額、債権会社名など記載されており、事業を進めていくためのリスクを学ぶための教材としておりました。 また、経営者仲間との勉強会で、当時倒産経験者たちの「かけ込み寺」として有名な「八起会々長の野口誠一氏」との親交を得て、セミナーを催したりして「倒産を恐れること」が事業継続のキーポイントとのことも学びました。

     この会は同氏は亡くなりましたが、40周年を機に新体制となってもご縁が続き、今でも第三土曜日の夜に月例会があり参加させて頂いております。ここで、私は企業の倒産の本質を正しく実際に倒産経験者からの肉声を通して、事業を継続していく上の、多くの事例と事情によるリスクを学んでおります。そしてそれらのエッセンスを起業・独立した若い経営者に伝えてまいりたいと考えております。 事業経営も平時に最悪な事態を想定して、怖れを持ってことを進めていくことが大事だと常々思っております。

     

     

     

    | 人生・仕事・事業に関する雑記 | 16:03 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 16:03 | - | - |
      コメント
      コメントする